top of page

その時だけ、良い姿勢

 姿勢を良くしましょうと子供の頃から言われていると思います。最近では反り腰の方が増えてきていると言います。単に姿勢を良くするのであれば背筋を伸ばしてピンとすればいいんです。でも、運動学的に考えてみると背筋を伸ばしていると腰を痛めたり、首や肩が痛くなったりします。原因はその時だけ良い姿勢だから。ちゃんと良い姿勢になるためには体の使い方が重要になります。

 同じ事が言えるのが、ボキボキ鳴らしたり、マッサージだけで良い姿勢にはなりません。骨盤矯正(実際は骨盤は矯正という概念が解剖学的、運動学的にはありません)で姿勢が良くなるのはそのときだけ。お店を出て、30歩くらい歩いたら元通りです。

 先にも述べましたが、姿勢は体の使い方です。姿勢と運動を同じように考えて欲しいのです。良い姿勢は良い運動に繋がります。逆に言うと、立ち上がって歩き出す瞬間を切り抜くと、良い立ち姿勢がそこにあるわけです。

 ボキボキしたり、マッサージやストレッチだけで気持ちよくなるのと、姿勢矯正は全く違います。本当に姿勢を良くしたいのであれば、運動を取り入れていくことが大切です。

 リハビリでは、あなたの姿勢や運動を観察、体の状態を検査して、総合的に姿勢の問題を分析して、体に足りないものを補うように、必要な筋間リリースや、体の使い方を簡単にトレーニングをします。立つときに、座るときに、この場所が使えるようになっているかを確認、そして理解できるまでしっかりとサポートします。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自律神経にだまされないで。

肩の痛みで整体に半年ほど通われており、そちらでは肩の痛みの原因が自律神経であると説明があったそうです。そのため、自律神経に対して施術を行ない、日常生活も精神的なストレスがかからないように注意していたそうです。それで半年経過して、全く良くならないとのことで、当施設でリハビリを受けた方のお話です。 当施設に来てすぐ検査を行ないましたが、髪の毛を結ぶことは出来ず、エプロンが腰で結べない、かなり可動域も痛

脳卒中後の痛みは我慢なの?

先日、比較的軽症の脳卒中の方がいらっしゃいました。その方のお悩みは、片麻痺の症状ではなく腰の痛みです。脳卒中の発症後まもなくは体のどこにも痛みは無く、麻痺も軽度であったことから、体力維持のために散歩も行なっていたそうです。発症から1年半ほど経過して、徐々に非麻痺側(健側)の腰の痛みが現われ、最近では座る、立つ、歩くことが大変になり、ほとんどは自宅で横なっているとのことでした。さまざまなクリニックに

慢性腰痛はマッサージじゃない。

腰痛で苦しんでいる方は、すごく多いです。事実、厚生労働省のホームページの有訴率には、ここ数年、腰痛が一位もしくは二位を堅持している状態です。 なぜ、腰が痛くなるのか。腰痛と言えば、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症などに代表される疾患があります。しかし、腰痛のほとんどが原因が分からないとされています。その腰痛の原因が分からない理由として、骨や神経、筋肉に問題が映し出されないからです。

Comments


bottom of page