top of page

スクワットは中身が大切。

 先日、リハビリを行なった方で、もともとジムでトレーニングを行なっていたところ、膝を痛めたとの事でした。その方は、ジムで周りの方にトレーニングのフォームを教えてもらいながら、安全に配慮して少しずつでも重たいものが持てるようになってきたところ、膝が急に痛くなったとお話をされていました。

 リハビリで身体機能を確認したところ膝の痛みの原因は、膝の周りの筋肉に負担が加わったことでした。まずは、膝の周りの筋肉に力が発揮できる状態を作り、膝関節を安定させることで膝の痛みを解消しました。

 次に、膝に負担がかかったであろう、動作を修正することが重要になります。その方のスクワットは、お手本に従い、膝を出さず、お尻を出して行なっているものでした。しかし、これが膝の負担になっており、その動作の修正が重要になります。

 一般的なスクワットは上記の様に、膝、お尻を意識するものですが、それは正しいとは言い切れません。スクワットのフォームだけを意識して行なっていると、動作に必要な身体機能が使い切れていない場合が往々にしてあります。例えるならば、外側は鎧で固めても中身の人間がひょろひょろであれば戦いに負けます。

 スクワットをどのようにすれば正しいのかと、簡単にいうとまっすぐの姿勢から、なるべくまっすぐのまま重心を真下に下ろすイメージです。個人差はありますが、詳しくは実際にお体を確認させていただくのが正確な動作をお伝えできると思います。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自律神経にだまされないで。

肩の痛みで整体に半年ほど通われており、そちらでは肩の痛みの原因が自律神経であると説明があったそうです。そのため、自律神経に対して施術を行ない、日常生活も精神的なストレスがかからないように注意していたそうです。それで半年経過して、全く良くならないとのことで、当施設でリハビリを受けた方のお話です。 当施設に来てすぐ検査を行ないましたが、髪の毛を結ぶことは出来ず、エプロンが腰で結べない、かなり可動域も痛

脳卒中後の痛みは我慢なの?

先日、比較的軽症の脳卒中の方がいらっしゃいました。その方のお悩みは、片麻痺の症状ではなく腰の痛みです。脳卒中の発症後まもなくは体のどこにも痛みは無く、麻痺も軽度であったことから、体力維持のために散歩も行なっていたそうです。発症から1年半ほど経過して、徐々に非麻痺側(健側)の腰の痛みが現われ、最近では座る、立つ、歩くことが大変になり、ほとんどは自宅で横なっているとのことでした。さまざまなクリニックに

慢性腰痛はマッサージじゃない。

腰痛で苦しんでいる方は、すごく多いです。事実、厚生労働省のホームページの有訴率には、ここ数年、腰痛が一位もしくは二位を堅持している状態です。 なぜ、腰が痛くなるのか。腰痛と言えば、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症などに代表される疾患があります。しかし、腰痛のほとんどが原因が分からないとされています。その腰痛の原因が分からない理由として、骨や神経、筋肉に問題が映し出されないからです。

Comments


bottom of page