top of page

初期のパーキンソン病はリハビリが出来ない?

パーキンソン病の主な治療は薬物療法とリハビリテーションになります。パーキンソン病は進行性の疾患であるため、初期からのリハビリテーションが重要であると言われています。パーキンソン病のガイドラインという文献からの引用ですが、パーキンソン病の初期の状態で、一方には服薬のみ、他方には服薬とリハビリを行なった場合、半年後には服薬とリハビリを行なった方が身体機能(バランスや筋力、柔軟性など)に良い結果が現われたとされています。

しかしながら、パーキンソン病の初期ではリハビリを十分に行える施設が少ないことが問題とされ、専門的なリハビリが出来ず、自己流で運動を行なっている方が多くいます。医療機関ではリハビリを続けるためには日数の制限があり、介護保険の場合はパーキンソン病の初期では介護度がつけられず介入自体が難しい状態です。

では、パーキンソン病の初期の方は自己流のリハビリでよいのか、それともジムでパワートレーニングを行なうのがよいのか。

絶対的な答えはありませんが、当施設では自費(保険外)によるリハビリが行えます。理学療法士による専門的なリハビリが出来ます。例えば、月に一回程度の自費リハビリとセルフケアを織り交ぜて行なうことで、自己流よりは遙かに効果は得られます。もちろん、月に一回程度の自費リハビリとジムでのトレーニングを織り交ぜても更に高い効果が得られます。

必要な事は定期的に理学療法士による体の状態を確認することです。何が必要かを明確にして、しっかりとリハビリを進めていくことが大切になります。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自律神経にだまされないで。

肩の痛みで整体に半年ほど通われており、そちらでは肩の痛みの原因が自律神経であると説明があったそうです。そのため、自律神経に対して施術を行ない、日常生活も精神的なストレスがかからないように注意していたそうです。それで半年経過して、全く良くならないとのことで、当施設でリハビリを受けた方のお話です。 当施設に来てすぐ検査を行ないましたが、髪の毛を結ぶことは出来ず、エプロンが腰で結べない、かなり可動域も痛

脳卒中後の痛みは我慢なの?

先日、比較的軽症の脳卒中の方がいらっしゃいました。その方のお悩みは、片麻痺の症状ではなく腰の痛みです。脳卒中の発症後まもなくは体のどこにも痛みは無く、麻痺も軽度であったことから、体力維持のために散歩も行なっていたそうです。発症から1年半ほど経過して、徐々に非麻痺側(健側)の腰の痛みが現われ、最近では座る、立つ、歩くことが大変になり、ほとんどは自宅で横なっているとのことでした。さまざまなクリニックに

慢性腰痛はマッサージじゃない。

腰痛で苦しんでいる方は、すごく多いです。事実、厚生労働省のホームページの有訴率には、ここ数年、腰痛が一位もしくは二位を堅持している状態です。 なぜ、腰が痛くなるのか。腰痛と言えば、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症などに代表される疾患があります。しかし、腰痛のほとんどが原因が分からないとされています。その腰痛の原因が分からない理由として、骨や神経、筋肉に問題が映し出されないからです。

Comments


bottom of page