top of page

松本市で唯一の自費リハビリ店。

 当店は理学療法士によるリハビリが自費で受けられるお店です。

 リハビリとは、医学的な知識、技術、経験と、国家資格をもつ理学療法士が、身体機能の改善、生活の質の向上を目的に行うアプローチの方法です。これが、整体院やエステ店などとは全く異なる点です。

 理学療法士は、専門的な学校(大学)で学び、実習経験を積み、最終的に国家試験に合格したものが取得できる資格です。

 さらに、総合病院や地域のクリニックにおいて、手術前後のリハビリ、入院中のリハビリ、退院後のリハビリといった様々な状態や状況に応じて必要な知識、技術を培い、経験を養ってきました。

 単に痛みをとる、リラクゼーションをする、体の調整を行うといったお店では身体機能の改善や生活の質の向上までは望めません。例えば、ステーキ店に行った場合、一方のお店は肉の焼き方や味付けだけが良いお店。もう一方のお店は、お肉の焼き方や味付けだけではなく、接客や料理を出すタイミング、お肉にあうワインの選定、お店の清潔感、スタッフの身だしなみなど入店から退店までが良いお店。どちらが良いかは、お客さま各個人で感想は違います。

 リハビリをするということは、先に述べた入店から退店までが良いお店を選ぶということです。痛みがあれば、結果ではなく原因まで矛盾がないように詳細に確認します。脳卒中後であれば、医学的な根拠に合わせたリハビリを継続します。

 当店を選んでいただき、誠にありがとうございます。

閲覧数:21回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自律神経にだまされないで。

肩の痛みで整体に半年ほど通われており、そちらでは肩の痛みの原因が自律神経であると説明があったそうです。そのため、自律神経に対して施術を行ない、日常生活も精神的なストレスがかからないように注意していたそうです。それで半年経過して、全く良くならないとのことで、当施設でリハビリを受けた方のお話です。 当施設に来てすぐ検査を行ないましたが、髪の毛を結ぶことは出来ず、エプロンが腰で結べない、かなり可動域も痛

脳卒中後の痛みは我慢なの?

先日、比較的軽症の脳卒中の方がいらっしゃいました。その方のお悩みは、片麻痺の症状ではなく腰の痛みです。脳卒中の発症後まもなくは体のどこにも痛みは無く、麻痺も軽度であったことから、体力維持のために散歩も行なっていたそうです。発症から1年半ほど経過して、徐々に非麻痺側(健側)の腰の痛みが現われ、最近では座る、立つ、歩くことが大変になり、ほとんどは自宅で横なっているとのことでした。さまざまなクリニックに

慢性腰痛はマッサージじゃない。

腰痛で苦しんでいる方は、すごく多いです。事実、厚生労働省のホームページの有訴率には、ここ数年、腰痛が一位もしくは二位を堅持している状態です。 なぜ、腰が痛くなるのか。腰痛と言えば、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症などに代表される疾患があります。しかし、腰痛のほとんどが原因が分からないとされています。その腰痛の原因が分からない理由として、骨や神経、筋肉に問題が映し出されないからです。

コメント


bottom of page