top of page

脳卒中後の痛みは我慢なの?

 先日、比較的軽症の脳卒中の方がいらっしゃいました。その方のお悩みは、片麻痺の症状ではなく腰の痛みです。脳卒中の発症後まもなくは体のどこにも痛みは無く、麻痺も軽度であったことから、体力維持のために散歩も行なっていたそうです。発症から1年半ほど経過して、徐々に非麻痺側(健側)の腰の痛みが現われ、最近では座る、立つ、歩くことが大変になり、ほとんどは自宅で横なっているとのことでした。さまざまなクリニックにかかるも、湿布や痛み止めの処方だけだったそうです。湿布や痛み止めで痛みは抑えられても、根本的には変わらないとお困りでした。その症状が半年ほど経過して、当施設にいらっしゃったので体力も低下しておりました。

 「脳卒中後の痛みはどうしようも無いのですか、我慢しかないのですか?」、それがその方の第一声でした。医療を経験した者として、確かに脳卒中が生じた脳の場所により視床痛といわれるものを考えましたが、それは発症後まもなく症状として出現するものであります。そのため、今回の発症後1年半を経過して出現した痛みに関しては、それとは異なると考えられたため、「まずはリハビリを行ない、腰に負担をかけている原因を探し、それを解消することが大切でしょう。」と説明させて頂き、リハビリになりました。

 まだ、1回のリハビリですので、急激に痛みが改善することは難しいですが、リハビリによる腰の痛みの軽減は認められました。麻痺側の筋力低下が無意識に徐々に進んでいたことで非麻痺側の腰に負担があったことが、今の段階での問題でした。そのため、非麻痺側の腰のケアを重点にしながら、痛みに合わせて麻痺側の運動を少しずつ促していくことがリハビリのポイントでした。体力の低下もあったため、脈拍や血圧に配慮しながら、少しずつリハビリを行ないました。

 経過は、少しずつお話しできればと思います。

 こちらをお読みの方で、諦めている、我慢している、そのような方はいらっしゃいませんか。リハビリで少しでもお力になれることがあれば、何でも構いませんので相談してください。心よりお待ちしております。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自律神経にだまされないで。

肩の痛みで整体に半年ほど通われており、そちらでは肩の痛みの原因が自律神経であると説明があったそうです。そのため、自律神経に対して施術を行ない、日常生活も精神的なストレスがかからないように注意していたそうです。それで半年経過して、全く良くならないとのことで、当施設でリハビリを受けた方のお話です。 当施設に来てすぐ検査を行ないましたが、髪の毛を結ぶことは出来ず、エプロンが腰で結べない、かなり可動域も痛

慢性腰痛はマッサージじゃない。

腰痛で苦しんでいる方は、すごく多いです。事実、厚生労働省のホームページの有訴率には、ここ数年、腰痛が一位もしくは二位を堅持している状態です。 なぜ、腰が痛くなるのか。腰痛と言えば、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症などに代表される疾患があります。しかし、腰痛のほとんどが原因が分からないとされています。その腰痛の原因が分からない理由として、骨や神経、筋肉に問題が映し出されないからです。

スクワットは中身が大切。

先日、リハビリを行なった方で、もともとジムでトレーニングを行なっていたところ、膝を痛めたとの事でした。その方は、ジムで周りの方にトレーニングのフォームを教えてもらいながら、安全に配慮して少しずつでも重たいものが持てるようになってきたところ、膝が急に痛くなったとお話をされていました。 リハビリで身体機能を確認したところ膝の痛みの原因は、膝の周りの筋肉に負担が加わったことでした。まずは、膝の周りの筋肉

Comments


bottom of page