top of page

自費リハビリと医療費控除

自費リハビリの費用を医療費控除の対象に出来ることがあります。


これには、以下のような証拠書類や情報が必要となります。また、具体的な要件は地域の税制によって異なる場合がありますので、該当する地域の税務当局や専門家の説明を参考にしてください。

 

1.領収書や明細書

自費リハビリの支払いに関する領収書や明細書は、控除の対象となる医療費を証明するために必要です。当店で必要な場合は、お声かけください。

 

2.診断書または医師の証明書

自費リハビリの必要性を裏付けるために、診断書や医師の証明書が必要な場合があります。

医師からのリハビリの推奨や適切性に関する情報を記載したものが良いです。

  

3.その他の関連書類

地域によっては、控除の対象とするために追加の書類や情報が必要となる場合があります。

例えば、医療機関の証明書、治療計画やプログラムの提出が求められる場合もあります。

 

これらの証拠書類や情報をもとに、確定申告時に医療費控除の申請を行います。正確かつ適切な情報を提出することで、自費リハビリの費用が医療費控除の対象となる可能性が高まります。

税務当局の説明を参照しながら、要件を満たすための必要な書類を準備してください。

閲覧数:46回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自律神経にだまされないで。

肩の痛みで整体に半年ほど通われており、そちらでは肩の痛みの原因が自律神経であると説明があったそうです。そのため、自律神経に対して施術を行ない、日常生活も精神的なストレスがかからないように注意していたそうです。それで半年経過して、全く良くならないとのことで、当施設でリハビリを受けた方のお話です。 当施設に来てすぐ検査を行ないましたが、髪の毛を結ぶことは出来ず、エプロンが腰で結べない、かなり可動域も痛

脳卒中後の痛みは我慢なの?

先日、比較的軽症の脳卒中の方がいらっしゃいました。その方のお悩みは、片麻痺の症状ではなく腰の痛みです。脳卒中の発症後まもなくは体のどこにも痛みは無く、麻痺も軽度であったことから、体力維持のために散歩も行なっていたそうです。発症から1年半ほど経過して、徐々に非麻痺側(健側)の腰の痛みが現われ、最近では座る、立つ、歩くことが大変になり、ほとんどは自宅で横なっているとのことでした。さまざまなクリニックに

慢性腰痛はマッサージじゃない。

腰痛で苦しんでいる方は、すごく多いです。事実、厚生労働省のホームページの有訴率には、ここ数年、腰痛が一位もしくは二位を堅持している状態です。 なぜ、腰が痛くなるのか。腰痛と言えば、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎分離症などに代表される疾患があります。しかし、腰痛のほとんどが原因が分からないとされています。その腰痛の原因が分からない理由として、骨や神経、筋肉に問題が映し出されないからです。

Comments


bottom of page